【ipad pro マジックキーボード 】持ち運び、ペンシルは?会社員のオススメポイント

今回のたぬログは発売から約2ヶ月が経ち、レビューも多く出てきたipad pro Magic Keyboardについて書きたいと思います。

自分も5月に購入し、今では仕事や家でも欠かせないアイテムとなりました。

ここでは、

・購入しようか迷っているけど、機能や実際に使用している様子を知りたい

・重いというけど、持ち運びやカバー機能などはどうなんだろう?

・アップルペンシルと相性悪いって聞くけど、どうなんだろう?

といった疑問について書いて行きたいと思います。

記事内容は、

1.そもそもMagic Keyboardとは?

2.重いけど使用感は実際どうなのか

3.カバーの保護機能は?

4.ペンシルとの相性ってそんなに悪くない



コンテンツ消費や勉強に欠かせないアイテムであるipadですが、Magic Keyboardを利用する事でより身近にその便利さを感じることができます。

重さがもたらす安定性や利便性、また取り外しが楽なことでやりやすい作業など生産性を高めるにはとても良いアクセサリです。

実際に僕自身も今は持ち運んで使用しています。
家でのコンテンツ消費や読書、また外出先での利用など幅広く使えています。


そして、アップルペンシルについても問題なく使用しています。
さらに、より使いやすくするために購入したアイテムなど紹介していきます。

動画でも詳細を見ることができます。
お時間よろしければぜひご覧ください。



1.そもそもMagic Keyboardの特徴は?


紹介の前にMagic Keyboardの特徴をざっくり紹介します。


トラックパッドの他にどんな利点があるのかなど書いていきます。
実生活の中でどんどん使用していくと、アクセサリの完成度としては十分すぎるものだと思いました。

1-1.トラックパッド付きキーボードでよりPCライクなアクセサリに


まず1番の魅力はこのトラックパッドでしょう。
トラックパッドがついたことで、使える用途や操作性は抜群に上がりました。


MacBookProなどを利用していた方にはお馴染みかもしれませんが、マウスやタッチパネル操作をしなくてもアプリの切り替えやスクロールなどいろんなことに対応できるようになりました。

また各種ジェスチャー操作でスムーズな切り替え作業ができるようになり、まさにPCのような印象も受けます。

難しい説明書や設定もなくすぐ使えるのもオススメです。

1-2.キーボードが打ちやすい


トラックパッドの他にびっくりしたのがキーボードのタイピングのしやすさです。

シザー構造のキーボードに加え、キーストロークも1mmとしっかり押している感じがあるので打鍵感が気持ち良いです。

テキスト作業が多めな方や、ペンシルよりテキスト入力に慣れている方には相性がいいキーボードです。
ただ、打鍵音がはっきりしているので、気になる方は気になるかもしれません。

1-3.充電専用の端子がついた


Magic Keyboardにはカバー本体に充電端子がついていて、PCのように充電しながらも使えるようになります。

そして、充電専用端子がついたことで外付けSSDなどの拡張アイテムが使いやすくなりました。

もちろん充電接続していなくても使えますが、コンセントが整っているカフェなどでより使いやすくなりました。

個人的にもこの充電端子が左側にあることで、使い安い印象を受けました。

2.重いけど実際の使用感はどんな感じなのか


このMagic Keyboardは重いことがタブレットさを消しているなど、結構ネガティブな意見が見られます。

自分もそうでしたが、最初は重く感じたしなかなか馴染めずにいたのも事実です。

しかし、使っていくうちにこの重さが安定性や使いやすさをカバーしているのもあり、そのメリットに気づいた今ではそこまで気にならなくなりました。


2-1.この重さは許容範囲で持ち運べる


自分はipad pro 11インチを使用していますが、本体とカバーを合わせると約1kgの重さになります。

11インチということもあると思いますが、元々PCを持ち運んでいる人にとってはこの重さは許容範囲であり、自分も毎日鞄に入れて持ち運んでいます。

持ち方もヒンジの部分を下から支えるよに持てば安定してとても持ちやすいし、コンパクトです。

バッグにも綺麗に収まるので、すっきりした印象を受けます。

2-2.タブレットスタンドのような安定感


僕はこのMagic Keyboardは「タブレットスタンド付きキーボード」と認識しています。

前にも述べましたが、この重さがある故に、案定して出先でも家でもストレスなく同じ状態で常に使い続けることができるのです。

本来のタブレットで文字入力をしたい方であれば、外付けのキーボードや一定角度のケースを使うようでした。

しかし、Magic Keyboardはではそれがこの一台で全てまかなえてしまいます。

また、スタンドの安定感はカメラを固定したり、三脚の代わりにしたりなど幅広く使えます。

3.カバー本体の使い心地は?


これまでMagic Keyboard本体の実用性について書いてきましたが、ここではカバー本体の保護機能など書いていきます。

頑丈さや取り外し、別アクセサリなど書いていきます。

3-1.保護機能について


まずMagic Keyboardは磁石による脱着式です。

僕自身、磁石による取り外しは初めてで、「すぐ外れるんじゃないか」と思っていました。

しかし、使えば使うほど磁石による脱着式の便利さに気づいてきました。
脱着式のなにがいいかというと、実生活の中で

・用途分けしやすい
・使い方が明確になる

これが何よりのポイントでした。

例えば、文字入力メインや動画をスタンドにつけて鑑賞したいときはつけておけばいいし、また電子本を読むとき、アプリゲームをやる時などは外して使えばいいわけです。

本来はいちいちケースから外さなければいけないと思ってしまいますが、このように簡単に脱着できるからこそ日常生活の中での利点に気づけるはずです。

自分がやりたいこと、使いたい形に合わせて効率よく利用することができるのです。

ただし、アップルペンシルや周りのフレームは保護されていないので、落とすことがないように注意しなければいけません。

まあ、いつもPCやタブレットを持ち歩いてる方でしたら落とすことも無いと思います。

3-2.保護機能おすすめアクセサリ


前述のペンシルや周りのフレームを保護できないという点におすすめアイテムがあります。

それはSwitcheasyのCoverbuddyという商品です。

これは購入した箱にも書いてありましたが、マジックキーボードに1番に対応した保護ケースです笑

詳しくは写真を見ていただければ、どんな保護機能かわかっていただけると思いますが、何より本体ケースに強力な磁石がついているのでこのままMagic Keyboardに装着が可能です。

いま現在、これ以外に似たような商品はないので、何か新しく出たらまた購入してみたいと思います。

4.アップルペンシルとの相性は?


おそらく皆さんこれが1番気になるのではないでしょうか。

ipadを使う上でとても便利なペンシル。

幅広い用途で使用が可能な上、タブレットケースを折り畳めばすぐ使える必需品。

しかし、マジックキーボードの場合ケースが折りたためないのと、いちいち取り外しながらつかわなければいけないのがネックとなります。

ですが実際に使用しているとそこまで気にならない自分がいました。
ここでは自分の使い方を紹介したいと思います。


created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,077 (2023/02/04 18:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

4-1.外して使うということの利点


まずは外して使うことに焦点を当ててみたいと思います。

ぼく自身会議などではipadのノートアプリを利用しているので、ペンシルは欠かせません。

Magic Keyboardを購入した時、PCライクになったのは嬉しかったのですが、この点ではどうなんだろうと不安に思う面もありました。

しかし、実際には外して使えることがメリハリついていいかもと思ってきました。

自分のタスクに合わせて、その場その場で使いやすい形態にできることが何よりのメリットかもしれません。


4-2.moft miniでMagic Keyboardが使いやすくなった


YouTubeなどでも紹介されている方が多いですが、このmoft miniによってちょうど良い角度がつき、タイピングでもペンシルでも使いやすくなりました。

タイピングのしやすさはもちろんですが、今回はペンシルに焦点を当てているのでそちらを紹介していきます。


moft miniは薄くて軽いので、持ち運びや使用感も全く気になりません。
また耐荷重が8kgまで耐えられるので、薄さからは想像できないほど頑丈です。

この頑丈さはタイピング以外にも、ipadを取り外してキーボードに乗せて使う際にもすごく便利です。

僕がmoft miniをおすすめなのは、傾斜角度がちょうど良いことです。15度の角度はタイピングにもペンシルにもちょうど良い角度になります。

ですので、マジックキーボードを折り畳んで、その上にそのままipad本体を乗せて使用することで、スムーズにペンシル作業に切り替えることができます。

ちょうど折りたたみケースぐらいの使用感でペンシルを使用できるのです。
ですので、moft miniによってペンシルもテキスト入力も最適なものになりました。

5.まとめ


Magic Keyboardを日常生活で使う上でのおすすめポイントや使い心地のまとめです。

1.重さは11インチであれば許容範囲で持ち運びは可能

2.重さの安定感により、タブレットスタンドのように使える

3.外出先でも自宅でも同じようにストレスなく作業できる

4.カバー自体の保護機能は弱いが、取り外しが可能なぶん、用途別に使いやすい

5.ペンシルも全然使える(moft mini利用でさらに使いやすさアップ)


ipadでPCのような作業ができるのはとても魅力的です。

加えてアプリゲームや動画鑑賞、そして授業などでの活用といった使用方法はとても幅広いです。

そして、それをより自分の生活にいかしていくアイテムとしてMagic Keyboardはその可能性を大きく広げてくれるアイテムだと思います。


created by Rinker
Apple(アップル)
¥44,800 (2023/02/04 23:59:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,077 (2023/02/04 18:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。